よくある質問

膝にたまったミズは抜いたほうがいいの?クセになるって聞くけど・・・。

たくさんたまったら、抜いたほうがいいです。クセにはなりません。まず、はじめに「ミズ」の正体を理解しないといけません。

これは、「ミズ」と言っていますが実は関節の「潤滑液」の事です。専門的に言うと「滑液(カツエキ)」と言います。膝に限らず、関節にはどこにでもあります。そして、その滑液には関節に必要な栄養素を含んでいて、炎症を治すような作用もあります。
では、なぜ膝にミズ(滑液)が溜まるのか?それは、関節に炎症が起きていて、その炎症を抑えようという体の防御反応なのです。炎症を抑えるために、過剰に分泌されたり、吸収が悪くなり、循環している滑液がどんどん、関節に溜まってくるのです。

では、防御反応なら抜かない方がいいのでは?確かに、そうとも言えますが、過剰に分泌された滑液は関節内の内圧を上げすぎて痛みが出てくることがあります。ですから、あまりに溜まった滑液は注射で抜いてあげて内圧を下げる。そして、薬を入れてあげるわけです。

一度で、炎症が取れれば問題ないですが、滑液を抜かなければいけないぐらい炎症がひどい人は、一度抜いても、まだ炎症が残り滑液がまた、溜まる。それが、クセになると言われている訳です。ですから、本当の意味ではクセになっている訳ではありません。
でも、「ミズ」を抜くのは痛いです。できれば、抜かずに治療しましょうね。

ページのトップへ