よくある質問

レーザー治療器とは、どんな症状の時に使うのですか?

患部に近赤外線を集中的にあて、疼痛による筋肉の緊張を緩和することで、血行が促進され、消炎・鎮痛効果が得られます。
特に、膝周囲の障害、テニス肘、ゴルフ肘、野球肘、野球肩、アキレス腱周囲炎、足やかかとの痛み等のスポーツによる痛みや、
慢性の腰痛や肩こり膝痛、神経痛などの痛みやしびれに効果的です。
当院では、上記症状以外にも、自律神経を整えるためにも使用しています。
自律神経を整えることにより、循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、ホルモンバランス、基礎代謝等の、自分でコントロールできない機能のバランスを整えてくれます。

ページのトップへ